好きなことをとりあえずはだらだらと・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今日の勝ちの価値はガチででかい

いや、つまんないタイトルですけど、ほんとにそう思った。

今日は正装して、テレビ観戦しました。

前半はいい流れで攻撃できているんだけど、やっぱり得点には至らない。う~ん、いやな流れ。
ただ、ルーカス1トップにした成果は少しは出たのか、ためをつくるポイントはできていたかな?栗沢が活き活きしてたし。中から外、外から中、といった感じもよかった。

後半は、開始早々金沢の二連発。えらく前のめりなのか?とか思ってたら、清水の後半から入った澤登がなかなかどうして。
チェ(っだったっけ?)のクロスに土肥が飛び出て、触れなかった時、すっげー冷や汗かいた
で、それが澤登に通ったとき、
ヤッベーって大声出した。
ところが、そのシュートを、金沢が体を張ってブロック!!!


正直、その後も、あんまりいい攻撃はなかった気がする。
そこで、スタメンに選んでくれた、みんなが信じてくれえた期待にこたえようと、ルーカスがやってくれた!後半17分、チームで崩しての得点ではなかったけど、個人技で山西の股間をぶち抜いた!!

その後も、茂庭が熱くなりすぎるぐらいのディフェンスを見せてくれたり、みんな、気持ちを見せてくれた。特にDF陣の奮闘振りには、本当に胸が熱くなった。

戸田のコメントで、前半0-0は予定通りみたいだけど、今までの流れから行って、すっごいヒヤヒヤさせられたし、いやな感じがしていたので、

お願い、次からは前半から行きましょう

これで順位も13位まであがって勝ち点17。ヴェルディが神戸と引き分けたりして、なかなか勝ち点も他チームとつまって来た。この辺、流れが来たのかもね。

ここから頼んだぞ!!
スポンサーサイト
  1. 2005/07/13(水) 23:52:50|
  2. FC東京
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:3

清水戦onBS1

明日の清水戦は久しぶりにBS1で放送がありますね。

引っ越してからスカパーのアンテナをまだ取り付けてないので、東京の試合は最近見てなかったので、非常にうれしいです。

トーチューで4-2-3-1って書いてあるんだけど、ルーカスが90分いけるのならこれがはまると思う。とにかく得点をとってくれ~!!

今回はアウェーだし、前節の事件でサポータにも影響があるかもしれないけど、逆に更なる応援を東京に向けることで、東京に対しての思いを示してほしい。

  1. 2005/07/12(火) 23:02:45|
  2. FC東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファンとは?サポーターとは?

先日のダービーで、試合結果以上に大変なことが起きてしまった。

今日は、タイトル通りサポーターとは?について、自分の決意表明もこめて書きたいと思う。

ファン:芸能・スポーツなどで,特定の人物・団体などを熱心にひいきにする人。
サポーター:支持者。支えとなるもの。サッカーなどで,ある特定チームを熱烈に応援する人。
 三省堂提供「デイリー 新語辞典+α」より


大筋の意味は同じだけど、「支持者、支えとなるもの」の部分が違う。

何を支えるのか?もちろん自分が応援するチームや人である。
支えるということは、対象がまっすぐ安定して立っている場合はそれほど力を要することなく、バランスをとりさえすれば比較的簡単に支えることはできる。しかし、一度対象が傾いてバランスを崩すと、想像以上に支える力を要し、その際に支持者の真価が問われる。

今の東京が、まさに支えが必要なときにいるのは誰の目に見ても明らか。最終的には、立ち直るのは本人自身の問題になってくることは当然のことではあるが、サポーターは立ち直ってもらうために、あらゆる手を尽くそうとする。もちろん、いい方向に作用するように。

今回の件は、僕が思うサポーター定義とはまったく異なる。むしろ180度逆の行為である。彼は、いや、あのコンコースで相手を煽った集団は何を思ってあのような行動を起こしたのか?

おそらく、最後の事件が起こらなかったらこの問題は騒乱のひとつとしてしか、もしかしたら単純にお祭り感覚で参加した人にとっては、本当にお祭りで終わってしまったかもしれない。だからといって、このような騒乱が最悪の事件を引き起こすという模範になったから今回の事件があってよかったとか、死者が出なくてよかったとか考えることも僕にはできない。

サッカーにはいろいろな悲劇の歴史がある。僕が愛してやまないリバプールのサポーターは、過去にヘイゼルヒルズボロという二つの非常に悲しい事件を起こしてしまっている。その結果、前者の責任をとってイングランドのチームは5年間ヨーロッパの大会に出ることができなかった。
当時のイングランド勢はヨーロッパを席巻していたのだが、この5年のブランクの後は、ほかの国に非常に後れを取ることになった。

ヨーロッパでは、これらの事件を機にスタジアムの安全性について非常に議論が交わされ、立ち見の席の全面撤廃などの措置をとり、現在の安心してゲームを見ることのできるスタジアムを作り上げた。

日本は、ヨーロッパに比べてまだサッカーの歴史は浅い。以前の文章に書いたようにJ開幕当初はサッカーフォンを使った応援が主流だったように、応援のスタイルも変わってきている。それも、ヨーロッパや南米の歴史を踏まえて、日本特有の文化を作り上げてきたからだ。

日本に比べて、ヨーロッパや南米のサポーターには過激な集団が非常に多い。テレビでこれらの試合を見ていると、彼らのために試合が止まったり、さまざまな処罰がチームに科されている。このような事実を目の当たりにして、あのコンコースで行進をした集団は何も感じなかったのだろうか?応援しているのはチームではなかったのか?チームのほうを向いて、声を振り絞って応援するのではなかったのか?誰がなんと言おうと、俺らがチームには付いているのではなかったのか?それが、どうして相手のチームの、しかも応援するチームは違っても、サッカーに対する思いは同じサポーターに向かっていってしまったのだろうか。

今考えると、この状況で東京ダービーになったことがマイナスに働いてしまったと考えざるを得ない。いままでのうっぷんが間違った方向に出てしまった。同じスタジアムを共有する相手に対して、意地を見せたいのはわかるが、それは試合結果で見せること。そのためにサポートするのがサポーター。サポーター同士の勝負はあくまでも応援合戦で、相手よりも大きな声を出し、ピッチの上にいる選手に自分たちの思いを届かせること、その思いうけた選手が、サポータの代理戦争をスポーツという形で表すのではないだろうか?

僕の心の奥底には、おそらく今と同じ状況、もしくはもっと悪い状況で、相手が浦和などの、東京サポーターよりも数が多い相手だったらこのようなことはなかったのではないかと思う。

これまでも何度か事件を起こしてきた東京サポーターに対して、東京の関係者はやはり対応が甘かったのではないだろうか?

今回の事件がJ全体に投げかけた波紋は小さくないと思う。これからのJ発展のために一役買うことは間違いないと思うが、全サポーターはこのことを常に胸に留めていかなければならないと思った。

たいした決意表明でもないし、それほど中身もない文章を長々と書いてしまった。
とにかく、事件についてイライラしているし、さまざまなところで。事件と関係ない東京サポーターが、東京自身が非難されることが悔しくてならない。
  1. 2005/07/11(月) 23:36:10|
  2. FC東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

茫然自失

えっ!?

って思った。今晩は急遽入った飲み会にかりだされていたので、スポーツニュースとか、そういった類の情報がまったく見れなかった。

そんな中、ディスプレイに飛び込んできた結果0-0

ちょっと今はあまりに動揺していて、思いをうまくまとめられそうにありません。
  1. 2005/07/10(日) 02:43:33|
  2. FC東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

負けられない?否、勝つのみ

東京中日スポーツの記事で、

いつまでもサポーターの優しさに甘えているわけにはいかない

ってあるけど、それはみんなこの試合があったから。モチベーションはここにあったから。目標をここに絞っていたから。この試合の結果によっては、マジで…

今日Jリーグチップス買ったら、ルーカスが当たったんだ!なんかやってくれる予感



頼むぞ、東京!味スタにはいけないけど、気持ちはG1!!VAMOS!!!


友人からのメールにあったGIF.マジで負けられない!!
  1. 2005/07/09(土) 01:32:50|
  2. FC東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ホームチームのない辛さ

僕がを応援し始めたのは、実は結構古くてまだ「東京ガス」のころまでさかのぼります。正直選手の名前とか、詳しいことはぜんぜん知りませんでした。ただ、当時のJリーグのない時代、読売日産以外のチームはほとんど知名度がなかったと思います。そんな中、周りの友人と同じことをするのがいやな僕は、僕の知る限りで唯一のビッグトーナメントだった天皇杯でちょくちょく上まで上がってきて、かつ僕的に名前が面白くてツボだった(ガキにとって何が面白いのかよくわからん)東京ガスを応援していました。

地方にいた僕は当然スタジアムで応援することはできませんでしたが、結果などは親戚のお兄ちゃんが買ってくるサッカー関係の本で見ていた覚えがあります。(ストライカー!?)
月日は流れて、Jリーグ開幕、僕もある程度のサッカーを生で見てきました。でも当時は九州のJのチームなんてなく、横浜フリューゲルスがなんとなくフランチャイズしてくれていたので応援していました。天皇杯では相変わらず東京ガスの名前を見るとほっとしていました。

1997年の天皇杯で、東京がJのチームを次々に倒して、ベスト4に進出しました。そのとき一応フランチャイズしてくれていたフリューゲルスも残っていたのです。地元で生の試合を見せてくれていたフリューゲルスの恩も忘れて、僕は東京の決勝進出だけを願っていました。結果はそれぞれ、鹿島磐田(確か)に負けしまいましたが、この瞬間から僕の心のチームが東京になりました。ただし、このころすでに前述の親戚の影響で世界のサッカーをちょくちょく見ていた僕はすでに好きなチームをいくつか持っていました。

長くなりましたが、これが東京との馴れ初め第一部です。第二部は後ほど。やはり、地元にチームがないとさびしいですね。地元チームがある方々、大事にしてあげてください。


と、こんなことを書いていますが、我が地元でも実はものすごい計画があがっています。でもそれはまた、別の、話。
IMG_0524s.jpg

↑Jリーグ開幕年に買ってもらったサッカーフォン。何も考えんと、シールベタベタ
  1. 2005/07/07(木) 23:51:06|
  2. FC東京
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:4

長い前フリ

やっとのことが書ける。
ってのはFC東京のこと。本当は何だけど、タイトルをそのままにしちゃったら、Liverpoolの居場所がなくなっちゃうから

東京好きになった理由とかはまた今度にするとして、今は今夜の川崎戦。当然現地では見れてないんだけど、またまたドロー…
しかも今日は無得点…なんだよそれは。たしかに無失点は評価できると思う。でもそれじゃあ勝てないんだよ。相手一人退場したみたいだけど、引かれた相手に対して何とかできないもんかね(怒)

もう、これまでの結果は土曜のヴェルディ戦に向けての前フリとしか思えない。相手は2試合連続でひどい試合をしてるので(確か名古屋ともやったよね)今日の無失点を生かせばなんとかなるでしょ!?この状況だと、絶対に負けらんないよね。頼むよ!ヒロミ!!
  1. 2005/07/07(木) 01:47:55|
  2. FC東京
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

tsk

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Club Official Links

Football News Source

YOU'LL NEVER WALK ALONE

VAMOS TOKYO LINKS

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。