好きなことをとりあえずはだらだらと・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

宴会

今週末は飲み三昧。

金曜日は、学期終了レセプションにまず参加。知った顔を探しながら、何となく過ごす。こういった終了系のパーティーは前期も経験済みだけど、前期に比べるとカラッとした感じやった。季節柄もあるのだろうか?それともただ単純に人間性の問題?

その後は、近くのバーで飲むことに。前にも一度来たことはあったんだけど、もろにアメリカのバーって感じ。実は、ここに行く前にちょっと時間があったので、図書館から借りてたDVDを見てました。見たDVDはかの有名な「JACKASS」。しょうもないほどのアホさ加減で、変にハイになって、そのままバーへGO.
JACKASS.jpg 究極のおバカ番組

いや、なかなか楽しい飲みだった、これは。一人が彼氏と話し混み出したので、こちらも二人で話し込んだ。するとこれがディープな話、出てくる出てくる。皆までは書かないけども「語る」という表現が本当に適切だとおもう内容。お酒の力はやはりすごいな、と。

それから一転、下ネタがメイントピックに。こちらはくだらない内容だったんだけど、いろんな意味でハイになっている集団はこんなんでも盛り上がれます。結論としては日米ともに、「だからこそインターネットが存在している」というもの。下ネタ、インターネット。ワールドワイドに通じるネタのようです。

その後、近所のフラタニティのパーティーに。外から見たことはあったんだけど、中から見るのは今回が初めて。入場時に知り合いはいる?と聞かれていなかったらディスカウント無し、という設定みたい。これはデフォルトらしくって一緒に行った友達はでっち上げで行ってみたらしいんだけど、んなヤツいねー、と一蹴されたみたい。他のトコロでは通じたみたいで、今度は俺も機会があったらやってみようかと思う。

で、そのパーティー自体はもうアメリカの典型的なフラタニティーパーティーといった感じでBUZZ SONGSがかかって、酒はビールと安いかんじのカクテル。で、人はごった返し。特にそのフラタニティーに関係が無いと楽しめないな、という感想。一緒に行った友達と小一時間話して退散。

まあ、人生勉強にはなったかな。


土曜日は、テキサス大学の学生組織JA(JAPAN ASSOSIATION)のパーティーというか、なんつーか、よくわからないものに参加してきた。JAっていうのに、大半は日本人ではなく日本に興味がある人ばっかりの組織。知り合いが特にいるわけでもなかったので、完全アウェーの中、友人の彼氏であるOliverと二人で、何とかその場をしのいできた。彼は着いて5分後には「飽きた」と言ってた。

その後は、そこに来ていた数人の友達とカラオケに。韓国人経営のカラオケなので韓国の歌が多いのは当たり前なんだけど、異国の地でカラオケ、というのがなんか面白い。日本の歌は当然有名なものばっかりかと思いきや、よくわからない選曲。

ただし、実はこのカラオケに着く直前に財布をなくしていたことが発覚!!ガソリンスタンドで気づいたんだけど、すぐに最初の会場に逆戻り。このパーティーはフォーマルな服装でないといけなかったので、いつもと違う、ポケットの浅めなズボンで行ったのがまずかった。癖で左後ろのポケットに財布を入れていたんだけど、どうやら知らない間に落としてしまっていたらしい。

しかもアホなことに俺は席がなかったものだから、ゴミ箱の上に腰掛けていた。その時に落としたとしたらゴミ箱の中にあるはず。まずはお店の人に財布の落とし物がなかったか確認。なし。で、パーティーの主催者に電話して届けがないかを確認。サングラスしかない、と。

残るはゴミ箱。店員に尋ねると、すでにゴミはダンプスターの中に。ダッシュで確認に行くと、半分地獄絵図が繰り広げられている。車のヘッドライトを明かりにゴミをあさる。食べ残し、飲み残し、その他もろも・・・・・・・・・・・・・・・ダンプスターの奥深くを探すために、中に飛び込みあさるあさる。こっちはちょいとフォーマルな格好。革靴。もう最悪・・・・・・・・・・

で、結局見つからず、ダンプスターの中が暗すぎて見えないので、明日の朝にまたやってきて確認させてもらう約束を店員に取り付けてすごすごと会場を後にする。

俺の心では、パーティー会場しか落とすはずないと思っていたのでそのままカラオケ直行、ともっていたんだけど、Oliverが、念のためにガソリンスタンドにも行ってみようか?というので、念のため向かうことに。ぐるっと回ってみてもに当たらないので、今度こそ本当にあきらめて帰ろうとしたとたん、店主がいきなり店から出てきて俺らに手招きをしている。しかもジェスチャーでちっちゃな四角を描いているではないですか!!で、ダッシュで向かうと、やはり財布はソコに!!で、中身をしっかり確認しろ、と念を押して言われたのでじーっくり確認。最中に、そのスタンドの掃除を担当している人が見つけて持ってきてくれたんだとか。あいつは本当に正直でいいヤツだから、を連発して、少々恩着せがましい感もしたけど、アメリカで財布を落としたら帰ってくることがないことを考えたらそれぐらいでもおかしくないかと思い始めたところ、

現金がなくなっていることに気づく。

他はすべてある。で、確かに現金はあった。なぜならパーティーの入場料としての$10を$20札で払ったから最低でも$10はあったし、そのほかにも$7,8はあったはず。で、現金がないというと、本当にあったのか?といわれる。説明すると、もし掃除人がお金を取るとしたらクレジットカードを取るだろう?!だから、お前の勘違いなんじゃないのか?といわれる始末。

とりあえず掃除人のところに行って礼だけ言ってさっさと退散することに。

結局カラオケでは自分の下がりきったテンションを無理矢理上げるため、テンション高めの曲をメインに歌って来た。

その後、UTの助教授をやっている日本人方の家にお招きされて、ひっさしぶりに麻雀をやってきた。レートを激安で。
基本的にスロースターターかつ、現金の所持が無い自分としては非常に危機を感じつつのプレーだったんだけど、なんとハネ満をあがったりと、以上に好調。で、結局半チャンで終了したんだけど、ダントツのトップで終了。小銭を稼がせていただきました。

という感じで遊びに遊んだ週末でした。財布は、いつも思うのが、中身はもういいから、財布だけども・・・なんだけど、大半の中身が帰ってきてるのに、なんだかしっくりと来ない終わり方をしてしまったので、何となく胸がつかえたまま。

皆さんはどんな週末を過ごしましたか?
スポンサーサイト
  1. 2006/05/07(日) 10:28:30|
  2. Texas
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<無念 | ホーム | 到達>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://redandblue.blog15.fc2.com/tb.php/53-3d2f817f

tsk

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Club Official Links

Football News Source

YOU'LL NEVER WALK ALONE

VAMOS TOKYO LINKS

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。